屋根の種類

お家の屋根材にも様々な種類がございます。
代表的な屋根材に関しまして、塗装の目安は以下のようになっています。

和瓦

基本的に塗装は必要ありません。これは材そのものが陶器質で出来ており、極めて高い防水性を持っているため、あえて防水塗装を上から施す必要がないからです。

瓦のわれ、ズレ

ただし築年数の古いお家は、瓦屋根を固定するための「面土」が劣化していることが多く、特に大雨の後は瓦のズレや割れに注意が必要です。また瓦は一枚々々、かなりの重さがあるために、地震等の際に建物が崩れやすくなる原因となりやすいのも、欠点として挙げられます。
このような理由で、近年では屋根材としての採用が減ってきているのが実情です。

スレート瓦

スレートとは「薄い板」を意味します。主流はセメントに繊維質を織り込んで高温を成型したもので「カラーベスト」「コロニアルクアッド」などの有名な商品が存在します。
軽量で耐震性に優れ、施工も簡単なために、近年の新築住宅の屋根の大半は、スレート屋根を採用しています。

塗装の剥げたスレート、反ってしまっているスレート

スレート屋根はセメントが主材料ですので、表面の防水塗装が剥がれると材そのものが水を吸ってしまい、反り割れが発生してしまいます。ですので、一般的に10~20年程度で定期的な塗りなおしが必要になります。

金属屋根

様々な金属が屋根材として使用されていますが、住宅用としては「ガルバリウム鋼板」と呼ばれる材料が主流です。

錆が発生している屋根

非常に高い耐久性・耐火性を持ち、かつ他の金属屋根材に比べ圧倒的に安価なため、広く普及している屋根材ですが、表面の防水塗装剥がれてしまうと、錆が発生してしまいます。10~20年程度で定期的な塗りなおしが必要です。

お客様の声はコチラ DANシリコンセラR 詳細はこちら オーデフレッシュ 詳細はこちら パーフェクトトップ 詳細はこちら

お問い合わせ・お見積りはこちら フリーダイヤル 0120-26-7575

ページトップへ

  • 京阪ホームが選ばれる理由
  • DANシリコンセラRの詳細を見る
  • オーデフレッシュの詳細を見る
  • パーフェクトトップの詳細を見る
初めての方へ 施工の流れ 会社紹介 屋根・外壁塗装の実例
  • 京阪ホームオフィシャルサイトはコチラ
  • フリーダイヤル 0120-26-7575
お店で実際に相談できます! 駐車場完備 年中無休(お盆・年末年始を除く)

【大阪府大阪市】
鶴見区、城東区、東成区、生野区、平野区
【大阪府】
東大阪市、八尾市、大東市、門真市、四条畷市、守口市、松原市、柏原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、枚方市、交野市、寝屋川市、高槻市、茨木市、摂津市、池田市、箕面市、島本町、吹田市、豊中市、箕面市
【京都府】
京都市、八幡市、京田辺市、城陽市、宇治市
【奈良県】
奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、生駒市

※上記以外の地域でも、
 お気軽にお問い合わせください。